Open Nav

キャプション-01

キャプション-02

キャプション-03

キャプション-04

Next Back
TOP
TOP : 2018年アースデイin佐久 4月21日土曜日開催
投稿者 : asama 投稿日時: 2018-04-03 23:37:56 (155 ヒット)

4月22日は、環境を考える日「アースデイ」だ。
アースデイとは、地球環境を考える市民の日、4月22日は、大人から子どもまで、国境・民族・信条・政 党・宗派を越えて多くの市民が参加し、世界184の国と地域、約5000ケ所で行われている、世界最大の環境フェスティバル!





ここ東信でも16回目を迎えるアースデイin佐久が4月21日(土曜日)に今年も開催される。
現在では県外からのブース参加も加わり100近いブースが佐久市交流広場に集まる。
最初は有機農家さんと有志が集まり数ブースからスタートしたアースデイだった。その当時アースデイという言葉は今ほど知られていたわけでない。
環境問題は未だ人類にとって未解決と言っていい問題だが、政治が経済優先の政策をとっている以上解決の道は遠い。私たちひとりひとりが市民レベレで暮らしを考えた時この世界は変わり始める。
それがアースデイの趣旨でもあると思う。
今までのイベントで様々なテーマが出て来た。その中でも大きなテーマは、エネルギー、そして食だろう。様々な解決策もう準備されている。あとはやるかやらないか、私たちの意思にかかっているように思う。
アースデイは様々なブースが出展している。
共通して言えることは「手作り」が多いことだ。大量生産大量消費が現代社会のひとつの行き過ぎた経済中心主義の結果への問題定義として、暮らしをいちから問い直すことでもあると言える。
日本は豊かである。森林資源にも恵まれ、地域が元気になれば食べ物にも困ることはない。
特に長野県はエネルギー自給率は100%を超えている。
水と森があればエネルギーにことかかないのである。そんな長野県から世界に向けて「アースデイin佐久」は環境と平和を市民レベルでこれからも発信していってほしいと思う。



アースデイin佐久オフィシャルサイト>
開催日:2018年4月21日(土)10時より
場所:佐久市民交流ひとば
 



お知らせカレンダー
<  2018年11月  
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
オンライン状況
9 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュース を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 9

もっと...
ログイン
ユーザー名:
パスワード:



パスワード紛失
サイト内検索